美女が相手でもメールを続かせるための2つのポイン

返信をもらいやすいメールのコツ

メールでのやり取りが入り口となる『Omiai』。

 

だからこそ、相手から返信をもらえるようなメールを出すのが重要。

 

例え相手がビックリするような美女でも、返信をもらえるような、メールが続くような送り方を紹介します。

 

メールの長さは相手に合わせる

相手が美女であればあるほど、必死になってしまうのが男の性。

 

ただ、向こうがそこまで乗り気じゃないのに、こっちがガツガツしていても引かれしまうだけ。

 

その乗り気かどうかを見分ける判断基準の一つがメールの長さであり、短いメールには短く、長いメールには長く返すのが原則。

 

相手の文章量と同じくらいで返信を書くイメージです。

 

メールの返信タイミングも相手に合わせる

人は誰しも、相手に過度に拘束されたくないもの。

 

いくら美女からのメールでも、常に2分以内に返信してるようでは、マメな男アピールになるどころかマイナス評価。

 

常にメールを待っているガツガツしている男という印象を与えてしまいますし、正直重いでしょう。

 

これも、相手の返信ペースに合わせるのが大事。

 

5分以内に返ってくるならすぐに返しても良いけど、1時間なら1時間程度。

 

返信まで数日かかっているなら、同じく数日空けるくらいの感覚が良いと思います。

 

ただ、あまりにも返信が遅い相手に、こちらも日数空けすぎちゃうと全然やり取り進まないから、そのへんは臨機応変にですね。